交通違反取り締まり状況をみると、昭和六二年は一二八〇万件もの交通違反が取り締まりにあっており、このうち四五一万件(三五・五%)が最高速度違反、二四五万件(一九・二%)が駐停車違反である。

昭和六二年の運転免許保有者数は五五七二万人であるから、平均すれば五人に一人が交通違反で取り締まられた計算である。