すでに日本では大病院が外来部門を「赤字でも正当化されるマーケティング事業」と位置づけ、外来で入院患者(カモ)をみつけて入院部門でもうける仕組みができ上がっている。

同じ病気になったときの日本での入院日数の長さは、アメリカなどに比較して二~三倍にもなる。