需要が不足している中で、対症療法的にデフレを処理しようとすると、どうしてもオーバーキル(行き過ぎ)になってしまい、結局は金利をゼロにするか、お金をジャブジャブにせざるをえなくなる。それで効果はどうなのかといえば、かろうじて人々の間に安堵感が広がるとか、パニックを抑えられるといった程度のことでしかない。