私は日本を正しく改革するために、国民・生活者のための国家レベルのシンクタンクとして『株式会社 ザ・ブレイン・ジャパン(TBJ)』を創設することを提言したい。この会社は、納税者の立場を代弁し、世界を見据えて日本の長期的な問題点に対する抜本的な解決策を出すことを目的とする。賛同した国民に資本家としてお金を出してもらい、人件費と経費に充てる。設立趣意書では配当や利益は出さないことを謳うが、株式会社にするのは、官の仕掛けと予算の中で“何とか機構”のような組織を作ると、自由度がなくなるからだ。