そもそも価格というのは「認知された価値(Perceived value)」で決まる。認知された価値とは、買っている人が、その価格を払うだけの価値があると思っている、ということだ。では、認知された価値を維持するためにはどうすればよいのか? 一言でいえば、全米でベストセラーとなった『ハイ・コンセプト』の著者ダニエル・ピンクがいうところの「デザイン」「物語」「調和」[共感」「遊び心」「生きがい」という六つの右脳型センスを刺激しなければならない。