日本には個人金融資産が約1500兆円、不動産資産が約1300兆円、合計2800兆円くらいのストックがある。人口が増えない=フローが増えない日本とは、言い換えれば資産リッチでフロープアな状態であり、フローに対しては課税せず、巨大なストックに課税するのが自然な方向である。