私は、日本を変革する政策を中曽根康弘さん以来の政権トップや大臣クラスの政治家に提言、提案、説明してきた。しかし、中曽根さんを除いてほとんどが肝心な中身はないがしろにして、ひと言で訴求できる“キャッチフレーズ”だけを欲しがった。そうしたヒントを与えると、翌日の記者会見でそのキーワードを嬉しそうに使ってしまうのである。世界の動きを深く理解し、このまま行ったら日本はどうなるのかということを見通したうえで、日本を変革する方策を考える力を持っている政治家は、どこを捜しても見当たらないのが現状だ。