これまでネットで売れるのは、航空券、ホテル・旅館の宿泊、本、CD、DVD、家電製品などのように、どこで買っても同じもの、すなわち「左脳型商品」だった。逆にいえば、同じでないかもしれないものはネットで売れない。たとえば、アパレルや靴、食品のように実際に見たり、触ったり、試着したり、試食したりして確かめる必要があるもの、すなわち「右脳型商品」は、基本的にリアル店舗でなければ売れない、というのが従来の“常識”だった。