私は一貫して「この先もずっと景気はよくならない」と主張してきた。なぜなら、少子高齢化が加速する日本は、労働力人口が毎年40万人ずつ減少しており、国内市場の縮小と企業の海外移転によって、経済規模も雇用も税収も減る一方だからである。