最も有効な経済政策とは、金利でもマネーサプライでもなく、世の中に数多(あまた)あるお金――国内の個人金融資産1400兆円と世界の富裕層の資産8000兆円(うち約4000兆円が国境をまたいで投資されていると推計される)――が日本国内で活躍するような政策であり、そうした巨大マネーを日本に引き込むための「無から有を生む」仕掛けである。