シンガポールの国家ファンド(GIC、TEMASEKなど)は過去25年間の平均利回りが年率9.9%に達している。9.9%で回れば、積立金は10年経たずして2倍になる。そのシンガポールの国家ファンドが成功している秘密こそ、プロジェクト・マネージメントまで含めた長期投資なのである。一例を挙げれば、中国の蘇州と無錫の工業団地を造ったのはシンガポールの国家ファンドだ。まだ中国が資金不足の時にリー・クアンユー元首相が中国を訪れて、「我々の成功ノウハウを活かして中国の中にシンガポールをいくつか造りましょう」と提案し、蘇州と無錫の広大な土地に工業団地を開発したのである。