年金不足で貯蓄をする人が増えたため、アメリカの貯蓄率は1%前後から5%にまで急増している。金額に直せば、実に40兆円ものお金が市場から消え、貯蓄に回されたことになる。リーマン・ショックで「やばい」と感じた人々が「撃ち方やめ!」とばかりに消費を控え、家を1軒売り、車を1台売って、浮いたお金を貯蓄に回したわけである。