われわれは国内で最も重要な事柄についてさえ自由に議論が戦わせられないことを知っている。言論弾圧よりも、もっと野蛮な言霊信仰(シヤーマニズム)の世界に住んでいるかのようだ。また少数のヒットマンが大新聞やテレビ局を一瞬にして強張ったモノトーンに変えてしまうことも、昭和天皇報道で見たとおりである。