事業経営の決定は、たとえばルーレットなどの場合にみられる純粋に数学的な確率ゲームとは根本的に異なっている。事業経営者の決定には、不確定要因に関する主観的判断が含まれている。分析を試みるにも、時間と費用が常に限られているからである。しかし判断の裏付けとして、合理的推論を行なうことはできる。

実際のところ、連戦連勝の先見性ある経営者が行なう決定方式をみると、そこに一定の順序をもったパターンが認められる。具体的に言えば、成功を収めるのに必ず満たさなければならない条件が五つあるようだ。この五段階のプロセスを正しく守った経営者が“先見性のある経営者”と言われるのである。