もともと規制は少なければ少ないほどよいのだが、その前提には教育がある。正しい教育がしてあれば、規則などほとんどいらなくなる。常識が通用するからである。しかし、交通渋滞をも顧みず二重駐車をするという人があとを絶たない国では、やはり規則が必要となる。ところがこうした社会では、規則によって問題解決をすることは実は危険である。規則違反でなければ何をやってもかまわない、という風潮が拡がるからである。