日本では戦後、右翼がマーケティング戦略を誤ったために愛国心が芽ばえなかった。いや右翼が誤ったというよりは、知識人なるものが、戦前の体制や戦後の右翼に対立する概念として左傾化軸に追い込まれたために、むしろ日本では体制に関する議論が今日に至るまでおよそ不毛のままである、と言い換えよう。議論のための素地がまったく整備されていない、と言ってもよい。