リクルート事件は、われわれにとって何を意味しているのであろうか。朝日新聞が検察を動かし、巨悪を罰した、というのが今日までの展開である。私はこの解釈は危険だと思う。検察が立法府や行政府の長をどんどんブタ箱にほうり込む、というのはファシズムの世界に通じるからだ。また新聞が法によらず、紙面を通じて善人と悪人の裁きをしてしまうのも問題である。