■モデル家計簿

【家族の人数】4人
世帯主年齢40歳
世帯年収800万円
非消費支出12万1534円
手取り収入54万5133円

自分たちは節約しているつもりでも、いまだにバブルまみれの家族が多い。その象徴が子供の私立学校への進学で、親同士の行動にも大きな影響を与える。
「国産車じゃみっともないし……」となりがちなのだ。また、会社の部下や後輩に自腹を切って奢ることも多く、「その他の消費支出」が膨らむ。将来、破綻が必至というシミュレーション結果を突きつけて、頭のなかのバブルを弾けさせるのが一番の良薬だ。
 
■櫻井家の家計簿

家族の人数2人
世帯主年齢40歳
世帯年収1000万円
非消費支出23万3000円
手取り収入60万円

夫がリストラされる前の世帯年収が2000万円という裕福なDINKS夫婦を象徴する家計である。まず、子供がいないのに高額な保険掛け金は必要ない。解約して安いネット保険などに変更すべきだろう。いまのマンションを手放して、都心の賃貸に引っ越すのも一つの手である。それだけで妻のグリーン車の交通費5万円が浮く。夫の就職が決まった後も、妻の年収だけでやっていくくらいの家計リストラをすべきだ。