指導要領の改訂についてみると、この世の中の変化が激しい時代にもかかわらず、ほぼ一〇年に一回しか行なわれていない。しかも教育課程審議会が諮問を受けてから、その改訂が完全実施されるまでには約七年かかるので、最悪の場合は、一七年も前に作成された教育内容を中学生は教わることになる。これは最近話題になった「奴隷海岸」や「ブッシュマン」、「ホッテントット」という差別用語が、今日まで削除されていなかったことと無関係ではない。