物事の新しい組み合わせを考え出すのは、きわめて簡単である。ただ現在用いられている組み合わせを見直し、頭の中で別の形に組み直してみればよい。たとえば現在の製品系列の組み合わせを変えたら、どうなるだろうか。(中略)

オーストリアのある経済学者によれば、この世で“新しいもの”とは、既知の要素の新しい組み合わせに過ぎない。そこで分析担当者が登場し、新しい組み合わせが市場でどの程度まで成功する見込みがあるか、あるいは現在それを実施する可能性があるかどうか、見直しを行なうべき時期にきていると思われる。