日本に限らず他国でも、超優良企業の性質を分析してみると、要するに人間的なところに特徴があることがわかる。これらの会社は、いわゆる“活性化された企業”の新時代に突入している。企業の戦略と組織が互いに調和を保ち、あらゆる活動が目的遂行に結び付いている。それだからこそ、優れた業績を達成できるのである。