子供1人にかかる教育費は、大学を卒業するまでに、平均で約2200万円といわれている。子供が2人いれば、4000万円以上は軽くかかる計算だ。トータルで考えると、住宅取得にも匹敵する大きな出費である。とはいえ、この教育費を1人「1000万円カット」するのはさほど難しいことではない。

幼稚園から小中高、そして大学までに、公立にするか私立にするか、自宅通学か下宿かという違いでも1000万円近い差はすぐにつく。もはや学歴だけで出世や昇進ができるような時代が終わっていることは、サラリーマンの多くが身に染みてわかっているはずである。