会社というのは、上の人間が眠っている時でも動く人がいないとうまくいかない。とくに最近の日本では、誰も見ていないとサボる人間が増えている。

たとえば、マンガ喫茶に行くと、午前中から外回りのセールスマンが時間をつぶしている。セールスのピークは午前10~11時と午後2~3時のはずだが、その時間帯がマンガ喫茶のピークだ。営業日報には「訪問件数:午前6件、午後12件/実績:不調」などと書いているが、実際には1日に2~3件、挨拶程度に顧客あるいは潜在顧客先に顔を出しているだけ、というセールスマンが結構多い。