プロジェクトというと、多くの経営者はうまくいくことばかりを考える。だが、企業が新たに立ち上げるプロジェクトというのは「千三(せんみ)つ」の世界である。

とりわけ新製品開発などの場合は、文字通り1000のプロジェクトのうち三つぐらいしか市場では成功しないものだ。プロジェクト・マネージャーはそれを前提に選ばなければならない。