『ナイキ』が日本の会社と大きく違うのは、自前の工場を一つも持っていないことだ。世界各地の製造工場はすべて契約工場なのである。

『ナイキ』のスポーツシューズやアパレル商品は半年で商品の40%が入れ替わり、1年経つとほぼ全部の商品が入れ替わってしまう。そんな激しいサイクルの商品を、ワークステーションを充実した契約工場で複雑な工程を寸分違わず作って、寸分違わないタイミングで世界中に納入している。