今、中国の広東省珠江デルタにウンカのごとく出てきた組み立て加工メーカーはなんと5万社にも及ぶが、そのほとんどのメーカーが日本の基幹部品と製造装置を買って商売している。同じ機械を使われたら差別化できないし、人手のかかる部分は労働コストの安いほうが勝つ。気が付いたときには、日本のメーカーは最終コストで太刀打ちできなくなってしまっていた。日本がこうしたメーカが力をつけるのを全面的に支援した、と言い換えてもいい。