年収3000ドルから2万ドル(5000ドルから3万5000ドルという統計の取り方もある)のミドルクラスは全世界で約14億人いる。まずは日本の人口の10倍以上もあるこのマーケットを取り込めなければ、日本企業は世界で約7億人しかいないアッパークラスのカテゴリーの人々を相手にするしかない。