1年後、再びドクターの試験を受けて、今度は合格した。同じ年に論文も書き上げて、3年目の6月に卒業した。つまり、2年9ヶ月でMITを卒業したことになる。ドクターの場合、5年はかかるのが普通だ。2年と9ヶ月で卒業したのはクラスメート130人中、私1人で、当時原子力工学科のレコードだった。