2012年1月に財務省が発表した貿易統計(速報値)によると、2011年度の貿易収支(輸出額と輸入額の差額)は約2兆5000億円の赤字を記録した。この貿易赤字は、第二次石油ショックに見舞われた影響で生じた1980年以来の31年ぶりの数字だという。(中略)日本における製造業の生産体制が復旧し、欧州などでくすぶりをみせる世界経済が回復すれば、日本は再び貿易黒字を果たせるようになるのだろうか。いや、そうはならないだろうというのが私の見方だ。