米マサチューセッツ工科大学の博士課程と日立製作所で原子力工学を専門にしていた私がマッキンゼーに入社したのは29歳のとき。右も左も分からない畑違いの世界に飛び込んで、経営について自分なりに気付いたことや学んだことを約2年間メモに書き留めていた。それを活字にしたのが32歳の時に出した『企業参謀』だ。