富をつくり出す力が弱まった国家は衰退する。再び日本が富を創出できる国になるためには何が必要か。富をつくり出す企業の活動に「自由」を与えることである。企業のシーズと顧客のニーズがマッチしたときに、クリエーティブな富の創出がなされる。

富の創出をしないで分配だけをやった国が世界に一つだけある。インドである。植民地支配から独立してイギリスの富をそのまま引き継いで分配できていた時代は、社会主義的なネール・ガンジー主義が通用した。

しかし分配だけを約束する国民会議派の政権が長く続いたために、結局、富を創出する人がいなくなってしまった。したがって「貧困を分配」するしかなかったのである。今、日本は公的債券を発行してうつつを抜かしているが、誰がこの負債を返すのか?先細りの人口動態を考えると、日本もかつてのインドのようなパターンに陥る可能性が高いのである。

インドで富がつくられるようになったのは、ようやくここ10年ぐらいのことだ。インドのIT産業の雄である、インフォシスの創業者で最高指導者のナラヤン・ムルティ氏が6人のエンジニアと会社を立ち上げたのは81年。アメリカのIT企業相手にソフトウエア開発のアウトソーシング事業を展開して急成長し、99年にはインドの会社として初めてNYナスダックに上場した。現在は従業員6万人の大所帯だが、彼らのような企業が先頭に立って、政府も一般の人々もようやく富を創出することに目覚めてきた。