「フリーは古い。いまやマイナスの時代だ」と語るのは、旅館・ホテルの会員制アウトレットサイト「トクー!トラベル」を運営するクーコムの西村惠治社長。通常の宿泊料金から最大99%もの大幅割引を売り物にしてきたが、2009年1月から抽選で各宿泊施設で2名分の宿泊料金をタダにしたうえに、利用した会員に109円プレゼントする「マイナストクー!市」を開始したのだ。

同サイトと他の旅行サイトとの一番の違いは、提携先の旅館やホテルから仲介・広告料を一切とらず、空き部屋を“前代未聞の値段”で提供してもらうだけということ。同社の主な収益源は年間5250円などの会員からの会費。その会員数は2010年中に100万人突破がほぼ確実だ。

しかし、旅館・ホテルは持ち出しになるだけではないのか。この点について西村社長は、「仮に抽選に外れても、同じ旅館やホテルから提供されている50%オフなどの格安プランを見て『泊まってみようか』と考える会員が多くおり、その集客効果は予想以上に大きい」という。

千葉県南房総市にあるリゾートイン白浜は、10年2月からマイナストクー!市に延べ5回ほど空き部屋を一つずつ提供してきた。「2月当初にサイトから仲介された集客は14名だったが、この4月には140名以上になった。空き部屋のままだと人件費などの固定費が出ていくだけ。収益が大幅に改善している」と島元享支配人は話す。

「世界で初めてで面白そう」と西村社長が考えた新サービスは、会員、旅館・ホテル、クーコムという三者が同時にメリットを享受できるフリー版「三方よし」のビジネスモデルなのだ。

約1万5000人の学生が通う法政大学市ヶ谷キャンパスの中に設置されたタダコピ。ノートのコピーなどで数多くの学生が利用している。

また、独自のフリービジネスを立ち上げ、グローバル市場に打って出たのがオーシャナイズである。同社は5人の大学生が05年11月に設立したベンチャー企業。大学の食堂などに無料のコピーサービス機「タダコピ」を設置し、学生に利用してもらう。ただし、コピー用紙の裏には広告が印刷されてあり、その広告料金が収益源になる。

「現在、全国の約60大学に約80台のタダコピが設置されており、多いところでは月に10万枚の利用がある。携帯電話など学生のニーズに絞った広告が打てるうえに、講義ノートのコピーだと試験まで捨てずに何度も見るため、宣伝効果が大きい」と菅澤聡社長は語る。標準的な広告料金は15万枚で270万円。ソフトバンクBB、ユニクロなど約450社が活用する。

いま菅澤社長が力を入れているのが「タダコピを世界中の大学に置くこと」。09年12月、中国の上海の17大学が集まった地区で中国版タダコピの「百宝書(バイバオシュ)」11台が稼働を開始。女子学生の利用が全体の9割を占め、化粧品などの広告出稿が相次ぐ。また10年9月から米国の7大学でもスタートする。

さらに09年9月から学生を会員化して、性別、学部などの属性に応じた広告を提供するターゲティング広告を日本国内の10大学で開始。属性別の広告を用紙トレイに予めセット、個々の会員情報に応じてトレイを自動選択する。最終的にはサーバーに広告データを入力し、リアルタイムで提供する考えだ。

※すべて雑誌掲載当時

マーケティング 一覧ページへ

媒体最新記事一覧