なにごとも壁にぶつかったときに、これしかないと思わず、むしろ同じ目的地にたどりつく方法が幾通りかあり、その間の選択こそが勝負の分かれ目なのだ、と瞬時に考えられるようにすることである。このような自己鍛練こそ戦略家の道であり、脱硬直の妙薬である、と私は思う。