千人以下の比較的中規模の会社のケースでは、1965年における全体の間接比率は、だいたい29%ぐらいで非常に低かったのが、それ以後の十年問、1975年までの間に43%という大幅な伸びを示しています。