事業が成熟してくると、価格の競争力、したがってコスト競争力が事業成功の大きな要因になってくる。耐久消費財の製品コストの構成を見てみると、原材料費と製造コストがそれぞれ製品価格の四五%と二〇%、合計六五%見当を占めるのが普通である。