アメリカのベンチャー企業の場合は、立ち上げから売り上げ一〇〇億円までが第一期。そこから一〇〇〇億円までが第二期で、それ以降が第三期というふうになる。立ち上がってうまくいったら必ず売り上げが一〇〇〇億円までいき、途中で止まる会社は少ない。日本は、成功の桁が一つ低い。売り上げ一〇億円までを第一期とすると、一〇〇億円までが第二期。この一〇〇億円までくると、経営者は天下を取ったような気になってしまう。