アメリカの税制では、スモールオフィスやホームオフィスにかかる経費は、必要経費として申告の際に控除することが認められている。一〇〇平方メートルのうち三〇平方メートルをオフィスとして使えば、書棚から机、電話、事務用品に至るまですべて経費として落とすことが可能である。大企業はリストラしているがその反面、自分で起業する人や週に何度かは在宅勤務をする人、あるいは週末に自宅でサイドワークをする人が激増し、全米ではなんと四二〇〇万もの人がSOHO関連の人口といわれている。