資格だけで飯は食えない

キャリアに関する誤解の一つに、“資格”に関するものがある。よくあるIT系のものから弁護士、会計士といった士業系が代表だが、TOEICの点数、修士、博士といった学歴も広い意味では一種の資格である。資格について考えておくのは非常に意義深い。それは、キャリアの本質につながるテーマでもあるからだ。

とりあえず資格取得というのは分かりやすくてモチベーションも出やすい目標だとは思うが、結論から言うと、持っているだけで飯が食えたり給料が上がったり、転職の際に有利になる資格というのはほとんどない。

基本的に、資格には2種類ある。何かをするための免許と、何かが出来そうですよという証明書だ。前者である会計士や弁護士といった士業については、確かにそれで飯が食えるケースもあるし、企業によっては特別手当を基本給に上乗せして払っているところも多い。ただし、これらは例外的だ。その他一般の資格については、IT系からTOEICの点数まで、それだけで選考の際にプラスになるということはほとんどない。

だが、「じゃあ資格の勉強なんてしなくたっていいんですね!」というのは早計だ。確かに、それ単品で貼られていても信用性のない証明書ではあるが、その証明書がホンモノだと思わせる「証明書の証明書」があれば、話は別だ。それは要するに、証明書通りに実績上げてますよという事実であり、それこそがキャリアである。

というわけで、資格はあくまで箔をつけるための手段にすぎず、箔をつけたからと言って、それだけで選択肢が増えるわけではないということは覚えておいて欲しい。たまにこの点を誤解し、「留学してキャリアチェンジしたい」という人がいるが、正直言ってあまりおススメできない。既に持っているキャリアの箔をつけるために留学するというのが筋であり、留学したからといって必ずしもキャリアチェンジできるわけではないからだ。

以下で、成功者と失敗者のケースをそれぞれ紹介したいと思う。