AIJ投資顧問による企業年金資産消失事件と、オリンパスの損失隠し事件。この2つの事件には奇妙な接点がある。

まず一つは人脈。AIJの浅川和彦社長と運用担当役員の松木新平氏は野村証券OB。オリンパスの損失飛ばしを指南したとして金融商品取引法違反容疑で逮捕された中川昭夫容疑者と横尾宣政容疑者も、野村証券OBだ。

しかも中川容疑者と浅川社長は野村時代、先輩・後輩の間柄で、「野村を辞めた中川容疑者はその後、米系証券会社・投資銀行に転じたが、浅川社長も野村退社後にそこへ移っている。しかも浅川氏を引っ張ったのは中川容疑者だった」(全国紙の証券取引等監視委員会担当記者)。

つまり中川容疑者と浅川氏は二人三脚で仕事をしていた時期があるというのだ。

ちなみにAIJの松木氏は、浅川氏がAIJの前身を設立するときに、浅川氏の声掛けで役員として入社。営業畑出身で資金運用のノウハウに乏しい浅川氏の代わりにAIJの資金運用を行っていた。

松木氏は野村の株式部長などを経て常務に出世したが、1997年の総会屋事件に連座して逮捕され、執行猶予付きの有罪判決を受けている。この事件では他の大手証券、銀行の元会長、社長らが大勢逮捕され、複数の自殺者が出ている。

「松木氏のように過去に犯罪で摘発された人が年金運用などでブローカーとして働くことは珍しくない」(同前)

もう一つの共通点はその手口だ。AIJでは企業年金基金から預かった2000億円を、バミューダやケイマン諸島など、日本の監督官庁や捜査当局の手が及ばぬ地に名義上の拠点を置く信託銀行や投資顧問会社などを経由させ、香港の投資銀行の口座に集めるという複雑な資金操作を繰り返していた。

「資金の流れをわからなくするのが目的と見られ、実際、香港の投資銀行から先、資金がどこに消えたのかわからない。資金の行方を解明することは絶望的と見られている」(同前)

オリンパス事件でも中川容疑者らは損失隠しのためにケイマン諸島に投資ファンドを設立。金の流れを複雑化した。「証券界では、彼らが連携していたのではないかという憶測が流れている」(証券会社幹部)。闇の解明が待たれる。