累積債務をゼロにするためには、プライマリー・バランスを実現したうえで借金を返していかなければならない。毎年20兆円ずつ返しても約45年かかる。しかし日本の人口動態図を見ると、45年後の2055年には81歳の人が一番多くなっている。現役世代が働いて借金を返していくという前提では、45年ローンは現実的にありえない。返すなら10年ぐらいで一気に返済してしまわないと、それ以降はもう絶対に返せない。

百歩譲って借金返済のスタートラインであるプライマリー・バランスまで持っていくには、現在の歳出から赤字国債発行分の44兆円を削らなければならない。44兆円の削減というのは、国債の利払いと償還費を合わせた国債費が約20兆円、社会保障費が約27兆円だから、これを一切合財やめるという金額である。

今の調子で国債の利払いを続けていたらプライマリー・バランスなど実現できない。かといって国債の利払いをやめたら、かつてのアルゼンチンのように政府がデフォルトした瞬間、900兆円もの累積債務が炸裂して国民の金融資産は吹っ飛ぶ。

これは一律1割減程度のシーリングで達成できる数字ではない。官僚の抵抗をはねのけて一律1割減が実現できたとしても、コストカットできるのは2兆円程度。しかも民主党政権は削った2兆円を自分たちのマニフェストや成長戦略に使うというのだから、プライマリー・バランスへの道は平行線のまま。否、社会保障費が毎年1兆円ずつ増えるぶん、遠のく。

シーリングで既存のものをカットしていくような今の予算編成のやり方では、もはや日本は立ちいかない。お金の使い方をガラリと変えるには、ゼロベースで国をつくるしかないと私は思っている。