――こうした状況を考えてみると、参謀としての頭脳グループが最も有効に力を発揮できるのは、短期でも長期でもない、その中間の中期経営戦略である、ということができる。ここで「中期」と呼んでいるのは、大体三年ぐらいを中心とした前後一、二年である。この期間こそ、戦略のよしあしによって業績が最も大きく“左右され得る”期間なのである。