経営というと、すぐにドロドロしたものを想い浮かべ、合理性とかタテマエでは割り切れない、という諦観に立つ人が多い。しかし、過去二十年ぐらいのわが国の企業の事業展開のなかで、大きな成功を収めているものは、ほとんどが経営者のある種の発見、しかも世の中の流れを見究め、自社、競争相手の強さ、弱きを見抜いて、「ふとしたきっかけ」からつかんだ事象の発見を実践に移したものが多い。