物事には、その結果に影響を与える主要因というのが必ずいくつか存在する。これらをうまく管理あるいは応用すれば戦略が成功するというので、戦略的思考家の間ではKFS(Key Factors for Success=成功のカギ)と呼んでいる。

例えば、銀行業というものは、素人には非常に複雑な操業に見えるかもしれないが、KFSは、いかに安い金を集めてきて、高く貸すかということ、すなわち預金と貸し出しのそれぞれを資金コストがそれぞれ最小、最大になるようなミックスを求めることにある。(中略)

戦略的思考家とは、自らの担当する職務(役職、業種、業務)において、常にKFSが何であるかという認識を忘れない人のことであろう。そして、彼は全面戦争ではなく、KFSに対する限定戦争に“徹底的に”挑むのである。