日本人の海外旅行客数は2000年の1762万人をピークに頭打ちとなっている(図参照)。一方、日本を訪れる外国人旅行客はほぼ右肩上がりに伸びている。08、09年は原油価格の高騰や新型インフルエンザ、リーマンショックの影響などにより、足踏みを余儀なくされたものの、10年は尖閣諸島問題による中国からの観光客減の影響を受けながらも過去最高を更新した可能性が高い。

海外旅行者は頭打ちだが、訪日外国人は右肩上がり!
写真を拡大
海外旅行者は頭打ちだが、訪日外国人は右肩上がり!

「観光立国」を実現するため、外国人旅行客誘致の旗振り役にと設置された観光庁は、発足から2年と少しが過ぎた。以前からの取り組みも甲斐あってか、00年代に入ってからは外国人旅行客の増加ペースが早まっている。

ところが世界のなかでみると、日本は先進国のなかでも、外国人旅行者誘致で後れをとっているのが現状だ。09年の日本の外国人訪問者数順位は世界で33位。前年より5つも順位を落とし、チュニジアやハンガリー、クロアチアなどの後塵を拝す結果となっている。

日本は地理的に欧米人が訪れにくいということもあるが、観光業界の受け入れ態勢にも問題がある。総務省「訪日外国人旅行者の受入れに関する意識調査」(08年)によると、宿泊施設のおよそ4割が外国人を受け入れておらず、そのうち約7割は今後も宿泊してほしくないという。こういった部分は早急な意識改革が必要になるだろう。

10年1~11月の訪日外国人を国・地域別にみると、韓国、中国、台湾、米国、香港、オーストラリア、タイ、英国、シンガポールの順番となるが、われわれがターゲットとすべきは、なんといっても伸びしろが大きい中国だ。地理的な近さ、経済成長性からみて、タイやインドネシアなど、東南アジアの新興国にも期待がもてる。

※すべて雑誌掲載当時