過去にラグビーで味わった挫折感から再試合に挑む男たちを描いた小説。体を鍛えていないと大怪我しかねないラグビーの試合を、もう一度やろうとする熱さが実にラガーマンらしい。

私はこれまでいくつも挫折を経験した。その克服の仕方はラグビーに学んできたから、登場人物の気持ちがよくわかる。

『二度目のノーサイド』というタイトルには複雑な思いもある。私の慶応大ラグビー部時代、最後の決勝試合。接戦で敗れ、大きな悔いを残した。でも、試合が終われば敵味方の区別なし、が「ノーサイド」の精神。二度はなかなかないのだ。私は大学卒業でラグビーにピリオドを打ち、今は挫折した企業の再生や成長支援に取り組んでいる。