定年まであと10年。50歳の人は、現在の貯蓄をあらためて見直したい。

50歳:預金が人並み以下でも、まだ間に合う!
写真を拡大
50歳:預金が人並み以下でも、まだ間に合う!

50代の金融資産保有額の平均値は1259万円(平成19年、金融広報中央委員会調査より)。手持ち資金1200万円ならまずは合格点。もっとも、これは貯蓄のない世帯を含んだ平均値で、貯蓄のある世帯だけの平均値は1554万円だ。もう少しがんばろう。

住宅ローンがある人は、まず繰り上げ返済を実行したい。住宅ローン金利より高い利回りを得るのは困難なので、ローンを減らすのは効果的な運用手段の一つだ。そのうえで、資産全体の4分の1程度はリスクのある商品を取り入れて利回りアップを目指す。日本株投信のほかに外国株投信を組み合わせるのがおすすめだ。銘柄選別ができるなら、一部は株式投資を行ってもよい。

50代の金融資産保有額で中央値(真ん中の値)を見ると、貯蓄のない世帯では610万円、貯蓄のある世帯では996万円だ。手持ち資金600万円だと、かなりの努力が必要。まずは住宅ローンを繰り上げ返済、残りはすべて元本保証の商品で運用し、全速力で積み立てを行う。投資信託の積み立てで、運用効果を高めたいところだ。