20代半ばからの10年間で「幸運」を引き寄せた

だが、勤務時間は夕方から明け方まで。昼夜逆転の生活にはなかなか慣れなかった。

「そんなとき、当時気になっていたファッションブランドが新たにウィメンズラインを立ち上げるとの情報をキャッチ。しかも海外進出を踏まえて幅広い人材を募集していると聞き、すぐに転職を決めました」

自社ブランドを雑誌の編集者などに紹介するメディアキャラバンに出発。PRの大切な仕事だ。

ここではじめてPRの仕事を担当。ただし、教えてくれる人がいなかったため、他社のPR担当者に基本を教わり、あとは我流で突っ走った。次なる転機は34歳。

「気づいたら何でもこなせるようになっていたけれど、ひとつの仕事を極めたいと思うようになりました。組織の中できちんと教わったことがなかったので、大手に行って学びたいと」

PR職の募集を見て現社に入社。小松さんの担当は2018年2月にリブランディングした「Awake(アウェイク)」。

「美容業界は未経験で不安もあったのですが、上司から『このブランドに新しい風を吹き込んでください』と背中を押してもらえたので、これまでに培ってきた行動力を活かし、期待に応えたいと思いました。自分の仕事が最終的にお客さまの反応としてどう返ってくるか、とても楽しみです」

21歳:アパレル会社に入り、海外人気ブランドの旗艦店に配属
24歳:強みになるスキルを身につけようと、語学力ゼロの状態で渡英
26歳:有名クラブのレセプショニストに。刺激的な日々だったが深夜の仕事でヘトヘト
28歳:メンズ系アパレル会社に転職。PRの仕事に目覚める
34歳:コーセーに入社。PR担当に就任