最大2.4万円 家計費コストカット額ランキング

こうして三好家は、貯金を増やすという課題は残るものの、借金生活の危機は回避することができました。

今回のご相談で、私はあらためて「『収入増=生活が楽になる』ではない」という傾向に気付きました。多くの人は、収入が増えると、それに比例するように支出を増やしてしまいます。そうするとどれだけ高収入でも、貯金がつくれません。むしろ毎月の収支が赤字になる家計もあります。

増え続ける支出に気づき、足元を見つめなおしてムダな支出を減らしていく。これができなければ、お金は貯められません。せっかく頑張って稼いだお金ですから、まとまった金額まで積み上げたうえで、家族のため、自分のため、将来のために、有意義に楽しく使ってほしい。それがファイナンシャルプランナーとしての私の願いです。

▼【家計費コストカット額ランキング】

1位 -2.4万円 通信費
家族4台分のスマホを格安SIMの低容量プランに変更。携帯代は1台につき月1000~2000円代に。固定回線代を含めて通信費は月3.7万円から月1.3万円に圧縮。
2位 -1.8万円 教育費
子供の教育費にかかる費用を精査し、地域のクラブ、サークルに入りなおした。
3位 -1.3万円 交際費
「本当にためになるか」とひと呼吸おいて考え、必要なものだけに絞った。
4位 -1.1万円 食費
食材を吟味しつつも、献立作り・材料の使い切り・冷蔵庫チェックを徹底してムダをなくした。
5位 -1.0万円 小遣い
夫が自ら減額を提案。収入増を目指すきっかけにする狙い。