母子一体で連携し、ブランディングし欲しいものを……

とはいえ、依然として小室さん母子の「借金トラブル」が解決した、という報道はありません。月々の警備費のほうが借金よりもはるかに高いので、あと2年間、警備が続くと思うと、わずかながらも税金を払っている身としてはもやもやさせられます。

週刊新潮4.26号は、小室家の警備費が2億円に達すると書いている。

なお「週刊新潮」(4月12日号)は、小室さんのお母さんは「貸与でなく贈与だ」と主張する一方、「『秋になれば結婚の一時金(約1億5000万円)が入って来るので、その中からお返しできる』などと考えていた」と報じています。

そもそも一時金は、皇族だった方の品位を保つための費用なので、小室家の借金を返すために使われるべきではない、という声が大きいです。さらに、婚約者Aさんからお金を引き出してきた小室さんのお母さんの品位を疑う声もあり、皇室と親戚になる家にふさわしいのか、という問題が浮上しています。このままご結婚されるとすると皇室全体への、国民の尊敬の気持ちが薄らいでしまいそうです。

ただし見方を変えれば、母子家庭における「息子思いの母と母思いの息子」の強い絆を感じます。息子は、母の夢をかなえ、ラクをさせてあげようという一心だったのでしょう。母子が一体となって連携し、ブランディングの上、着実に欲しいものを手に入れてきました。

しかし、あまりに多くのものを望みすぎたのでしょう。そして、ベクトルやスペックは違っても、同じくらいアグレッシブだった小室さん母と紀子さまは波長的に引き寄せ合ってしまったのかもしれません。

▼イメージ回復のため母子で慈善活動するといいのでは

今後、小室さん母子が国民の信用を取り戻すためにはどうすれば良いのでしょう。

一時金を受け取らないで、自力で家庭を営み、借金を返済していく、ということであれば少しは緩和されそうです。あとは、イメージ回復のため、母子で人命救助だったり慈善活動をしたりするのも効果的でしょう。「外交をやりたい」とか、ふわっとした夢を語っているという小室さんですが、当初の計画通り、国際弁護士の資格を得て、有言実行ぶりを見せつけてほしいです。

おふたりの結婚は、悪いことではないかもしれません。世の中には、「小室系男子」というべきか、見た目は整っていても、実は甲斐性がなかったり見かけ倒しだったりする夫・彼氏をもつ女性がたくさんいると思われます。そうした女性たちにとって、“最高峰のお嬢さま”が小室さんと結ばれれば、少し心が軽くなるのではないでしょうか。

皇族出身者の結婚相手でさえ完璧ではないのだから、私たちの夫や彼氏があまり働かなかったり、飲んだくれていたり、借金があったり、マザコンだったり、ネットに依存したり、家でゴロゴロしてデブってきたりしても「別にいいかも」「しかたないか」と思えるかもしれません。国民の伴侶選びの基準にも影響を及ぼすかもしれません。

いずれにせよ、私はこれからのふたりのラブストーリーの行く末を、中庸な心で見守りつつ、どのようになってもポジティブな未来がやってくることを信じたいです。大倉山ツアーを終えて、私はそう心に誓ったのでした。

*本コラムへのご意見や、取り上げてほしい身の回りの気になるヒト・モノ・コトがありましたら、下記URLにぜひお寄せください。
https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdKgResspYB2rqe3TXr52qJfMq9RJtgGE-wx9UIH1L4s7Hk5A/viewform