1本数千万円という超高級時計に搭載される複雑機構の中でも、最も難しいとされるのが「ミニッツリピーター」。オーデマ ピゲの新作ミニッツリピーター「スーパーソヌリ」は、時計でありながら楽器のような音へのこだわりが特徴となっている。他社のミニッツリピーターとどこが違うのか、担当者に聞いた。

高級時計に搭載される複雑機構はいろいろ。その中でも最も製作が難しいといわれる機構が、時刻を音で知らせる仕組みだ。そんな“鳴り物系”腕時計の分野で、いま特に注目されているのが、オーデマ ピゲの「ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリ」(以下、スーパーソヌリ)である。

「ロイヤル オーク コンセプト・スーパーソヌリ」。豊かな音量、洗練された音色、ガバナーのノイズ吸収……など、音響への徹底的なこだわりが新地平を開いた。音響システムのモデルとしたのはアコースティックギターという。ミニッツリピーター新時代を告げる。トゥールビヨン(6時位置)、30分積算クロノグラフ(3時位置)も搭載した超複雑時計。2016年発表。●チタン。ケース径44mm。手巻き。ラバー・ストラップ。時価<オーデマ ピゲ ジャパン>

そもそも「ソヌリ」とはフランス語で“時鐘”を意味し、正時、クオーター(15分)に自動的に音を鳴らして時刻を告げるストライキング機構のこと。このソヌリと組み合わされることが多い「ミニッツリピーター」は、レバーやプッシュボタンを操作すると分(ミニッツ)まで音で告げる機構で、異なる2つの音色の組み合わせで時/15分/分を区別して時刻を告知する、複雑時計の“華”である。

オーデマ ピゲは1875年の創業当初からミニッツリピーター付き懐中時計を製作しており、1892年には早くも腕時計版をつくっている。ミニッツリピーターの機構を作る高い技術は、オーデマ ピゲにとっていわば自家薬籠中のものだ。

昨年発表のスーパーソヌリは単に音を鳴らすだけでなく、「音質そのものがコンセプト」だという。時計というよりアコースティックの楽器開発に近い、音響工学的なアプローチを採用し、音のクオリティーに徹底してこだわった。スーパーソヌリのすごさはどこにあるのか? オーデマ ピゲの複雑時計開発を担うジュリオ・パピ氏らに話を聞いた。

今回取材に応じたクローディオ・カヴァリエール氏(左)とジュリオ・パピ氏。オーデマ ピゲ ブティック銀座店内で。